日本語版のトップページへ日本語版英語版写真日記ツイッターFacebookYouTube
ピアニスト 小川典子

 ニュース

 

小川典子 ツイッターフェイスブックにて最新情報を発信中

2017年7月3日


メディア掲載情報

【雑誌】

「モーストリー・クラシック」 2017年8月号(vol.243)

「BIGが語る」 (pp.98-100)
浜松国際ピアノコンクールについての小川のインタビューが掲載されました。3ページにわたるロングインタビューです。
 


【新聞】

読売新聞 2017年6月15日(木)夕刊

CDレビューのコーナーにて小川の最新CD「サティ:ピアノ独奏曲全集第2集」が話題盤として取り上げられました。
 

 

 
2017年6月11日


メディア掲載情報

【雑誌】

「音楽の友」 2017年6月号(発行:2017年5月)

「特集 魅惑のコンチェルト」
interview 名作コンチェルトの魅力と演奏上の“技”(テクニック)
ソリストたちが語るコンチェルトの名曲

小川典子
《皇帝》の斬新な発想と揺るぎない構築性に敬服しつつも、
随所に見え隠れするベートーヴェンのシャイな素顔が魅力です
(取材・文・写真=上田弘子)

※特集の中で、2ページにわたり小川のインタビューが掲載されております。(pp.62-63)

 

「ぶらあぼ」 2017年5月号

Interview 小川典子(ピアノ)
思い出のホールで弾くモーツァルトとロマン派の傑作(p.77)
(取材・文=高坂はる香)

※インタビュー掲載。小川がヤマハホールの思い出を語っております。

「ぶらあぼ」のウェブサイトでもご覧いただけます。


(小川のヤマハホール出演情報)
2017年7月7日(金) 19:00
小川典子 ピアノ・リサイタル
ヤマハホールの公演ページ

 

【WEB】

ジャパン・アーツ Facebook

高坂はる香の「記憶に残るピアニストの言葉」
第17回 小川典子「学級会で男の子を打ち負かすのが本当に生きがいでしたね〜」(2017年5月30日掲載)

 

ジャパン・アーツ メッセージ動画

「ミヒャエル・ザンデルリンク首席指揮者 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団」との共演について


(出演情報)
2017年7月2日(日) 15:00 ミューザ川崎シンフォニーホール
ジャパン・アーツの公演ページ

2017年7月5日(水) 19:00 アクトシティ浜松 大ホール
(第10回浜松国際ピアノコンクール審査委員長就任記念)
浜松市文化振興財団の公演ページ

ミヒャエル・ザンデルリンク(首席指揮者)
小川典子(ピアノ)
ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

「王道のドイツ・プログラム」
ウェーバー:歌劇「オイリアンテ」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
                        (ソリスト:小川典子)
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68

 

2017年4月11日

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Web版にインタビュー掲載


ヤマハのフィーリングクラブの会員情報誌「音遊人(みゅーじん)」のWeb版「Web音遊人(みゅーじん)」に小川のインタビューが掲載されました。

ピアニストとして30年を迎えあらためて思う、曲の本質に迫るために必要なこと/小川典子インタビュー (2017.4.10)

 

2017年4月5日
「ジェイミーのコンサート」の学術調査研究・結果発表会開催のお知らせ(2017年6月12日 英・ギルドホール音楽院)

 
ジェイミーのコンサートは、自閉症・自閉症スペクトラム・発達障がいの子どもをお持ちのご家族を対象に開かれている音楽会です。
ジェイミーのコンサート主宰者とギルドホール音楽院学術研究は、共同で研究を始めました。小川典子と共に研究に協力しているのは、ミリアム・ジェームス博士です。
各ジェイミーのコンサート(日本とイギリス、2015年より)でアンケート調査を取り、データを集計。また、延べ200通以上集まった中からインタビューに答えて下さった数名の有志によるコメント結果を分析。
ジェイミーのコンサートがめざすもの。そこから聞こえてくること・見えてくること、をご紹介します。研究の結果、ジェイミーのコンサートの場で対象者が感じる「特別なこと」が浮き上がってきました。何がジェイミーのコンサートを特別な存在に位置付けるのか。小川典子の新しい考えかたから始まったジェイミーのコンサート、初の学術研究に挑んだ二人から、明るい展望を見据える結果発表です。
 

日時: 2017年6月12日(月) 午後6時
会場: ギルドホール音楽院(イギリス、ロンドン)

発表者: 小川典子、ミリアム・ジェームス博士 (Dr Mirjam James)

※入場無料・要予約

Monday 12 June at 6:00pm
Lecture Recital Room, Guildhall School of Music & Drama

Jamie’s Concerts: working with families living with autism

ジェイミーのコンサート 

2017年3月22日

英・ギルドホール音楽院「ピアノデュオ・プロジェクト」のコンサート(3/24) 会場変更、小川の出演が急遽決定
 

3月24日開催予定の英・ギルドホール音楽院「ピアノデュオ・プロジェクト」(3/13〜3/24)のコンサートの会場とプログラムが変更になりました。小川典子の出演も急遽決定いたしました。

ギルドホール音楽院「ピアノデュオ・プロジェクト」(レッスンとコンサート)について

主に大学院生が対象。
2014年にはじまり、今年で4回目。
各回テーマあり。
第1回 フランス
第2回 ロシア
第3回 ドイツ・オーストリア
第4回 近現代作品

学生は2週間、小川のレッスンを受講。
最終日に演奏会を開催。

(3月24日のコンサート)

'PIANO DUO CONCERT' conducted by Noriko Ogawa.
Friday March 24; 7pm at MILTON COURT CONCERT HALL, BARBICAN

PROGRAMME

Prelude a l'apres-midi d'un faune
Claude Debussy
Daniel Evans 1 & Noriko Ogawa 2

Bulgarian Suite op.21
Pancho Vladigerov
1 and 4
Viktoriya Peneva 1 & Vassil Nachev 2

La Valse
Maurice Ravel
Monica Shi 1 & Julie Ye 2

Phenomene sonore l & ll
Akira Miyoshi
Nathan Tinker 1 & Jason Gong 2

<INTERVAL>

Scaramouche
    1. Vif
    2. Modere
    3. Brazileira
Darius Mihald
Soohong Park 1 & Misa Saka 2

Bulgarian Rhapsody Vardar for two pianos
Pancho Vladigerov
Marina Staneva 1 & Jaspar Van Der Klis 2

Paganini Variations
Witold Lutoslawski
Antonina Suhanova 1 & Julie Ye 2

Visions de l’Amen
    1. Amen de la creation
    2. Amen des etoiles, de la planete a l'anneau
Olivier Messiaen
Inga Liukaityte 1 & Raymond Yiu 2

2017年3月22日

第15回「ジェイミーのコンサート」4/6(木)開催予定

ヴァイオリニストの大谷康子さんをお迎えいたします。
本公演は「世界自閉症啓発デー」のイベントのひとつとして参加いたします。
http://jamiesconcerts.com/blog/archives/293

 
「ジェイミーのコンサート」 メディア掲載情報

■「月刊ショパン」2017年3月号
「ジェイミーのコンサート」をご紹介する小川典子の寄稿文が掲載されました。
http://jamiesconcerts.com/blog/archives/343

■長野県内のメディアにてご紹介いただきました
3月3日、茅野市民館(長野県)にて「ジェイミーのコンサート」盛況のうちに終了いたしました。当日のコンサートや茶話会の様子、「世界自閉症啓発デー」に向けての茅野市民館の皆様の取り組みなどについて、長野日報に記事が掲載されました。またコンサートに先立って、信濃毎日新聞でも「ジェイミーのコンサート」をご紹介いただきました。
http://jamiesconcerts.com/blog/archives/380

  記録2016  
 

Copyright © 2017 Noriko Ogawa. All rights reserved.
Produced by; Phoenix Tree.